休眠会社を売りませんか?休眠会社にしておくままのデメリット

▲休眠会社にしていても、税金は課税され、「納税義務」があります。

▲会社が存在している以上、売上の有無に関係なく税務申告」を行う必要があります。

▲実際に会社運営をしていなくても、会社の役員には任期があり、会社役員の任期が満了した際には、役員変更登記」を行う必要があります。

休眠会社を買いませんか?休眠会社を買収するメリット

●長期に渡って会社が存続しているということになりますので、信頼性が取引先に評価されます。

●ホームページを引き継げば古いドメインの方がSEO対策に効果がありますので、そのドメインでサイトを制作すればネット上の評価が上がります。

資本金を入れる必要がありませんので、見かけ上の資本金を調達する必要がありません。

銀行口座などを引き継げば面倒な法人口座を作る必要がありません。

許認可を有している会社を買えば、新たな許認可を受ける必要がありません。

休眠会社売却案件

サイト運営会社 売価100万円


メリット:銀行口座3件譲渡・アメックスゴールドカード譲渡・債務なし


弊社の特徴とメリット

■成果報酬ですので、最終の契約の締結まで無料です。


■株式譲渡契約書・会社譲渡契約書などは行政書士事務所が作成します。


■弊社代表は行政書士事務所を運営しており、高い信頼性があります。

お問い合わせ

休眠会社を「売りたい」または「買いたい」などのご相談はこちらへ。

対象地域

●東京及び首都圏(渋谷、新宿、恵比寿、吉祥寺、池袋、下北沢、銀座、有楽町、自由が丘、新橋、青山、表参道、北千住、三軒茶屋、代官山、六本木、麻布、赤坂、原宿、秋葉原、明治神宮前、目黒、中目黒、丸の内、上野、高田馬場、神田、品川、浅草、中野、高円寺、広尾、西荻窪、赤羽、町田、荻窪、武蔵小杉、武蔵小山、立川、二子玉川、田園調布、赤羽など)(神奈川県横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市など)(千葉県千葉市、市川市、松戸市、船橋市など)(埼玉県さいたま市、大宮、川口市など)

●大阪及び関西圏(梅田、難波、心斎橋、なんば、天王寺、阿倍野、京橋、本町、北新地、江坂、十三、新大阪、吹田、堀江、南森町など)(兵庫県神戸市、西宮市、尼崎市、芦屋市、三宮など)(京都府京都市など)

●愛知県名古屋市 ●沖縄県那覇市